成功する起業家を育成する コンサルタントのひとりごと

市場の支配するビジネスを構築するコンサルタントのブログです。

コンセプト作り

f:id:kirakirahikaru8000:20170730195127j:plain

コンセプトとは

「ビジネスを通して何を(理念)実現することを
目的としているのかが明確な言葉」

 

コンセプトが決まってしまえば、

商品作りや集客が

以前よりもダントツ楽になります。

 

 

現状やっているビジネス、現在持っている資格、スキルなどは

このコアコンセプトが完成すれば

①『必要なもの』

②『変更が必要なもの』

③『組み合わせが必要なもの』

④『いらないもの』

 

が明確になり、どんどん必要なところに

時間とお金と人を投資することができます。

 

ここで、ブランドとしても大事なのが

 

やることと、やらないことを決めることです!

 

特に、やらないことを決めること!

 

やることに

一点集中

です。

 

それが専門家です。

 

 

コンセプト作りで大事な3つの要素

 

それではビジネスの軸となる『コアコンセプト』をつくっていきます。

『コアコンセプト』ビジネスの想いを伝える文章

『コンセプト』はそれを短い言葉で表現した言葉です。

 

 

 

コンセプト作りで大事な3要素

◉ 自分の価値観やこだわりが言語化できていること

◉ 自分のこだわりがターゲットの未来に貢献できること

◉ 自分が商品やサービスを提供する目的がストーリーで語れること

 

ビジネスを行うにあたって、

「理念はなんですか?

「なんのためにやっているのですか?」

と、質問されて答えることができますか?

 

以下の方は要注意!

 

◉ 誰でも言ってそうなこと ⇨ やりたいことが明確になっていません。

 

◉ 思い出さないと言えない ⇨ あなたの中でまだ腑に落ちていないということ。

 

◉ 言うときに恥ずかしくなったり、怖くなったりする ⇨ 本気でビジネスをする覚悟がありません。

 

 

起業家が迷うと、誰が困ると思いますか?

 

あなたを信じてついてきてくれる、お客様が迷子になってしまいます。

 

起業家は、お客様のリーダーです。

目的地に連れて行くために、しっかりと先導を歩く人です。

 

そのリーダーは自分の進む目的地を知ってリーダーシップを取り、

お客様の望む目的地に連れて行く責任があります。

 

お金をもらっている以上、

当たり前のことです。

 

コンセプト作りで考える3つのポイント

 

それでは『コアコンセプト』の3つポイントを説明します。

まずはこの『コアコンセプト』の存在意味です。

 

【ポイント1:コアコンセプトの概念を明確にする】

①ビジネスすべての商品、サービスの共通した想い

②このビジネス・商品、サービスすべての一貫した理念

③このビジネスで顧客に対するコミット(約束する)

④このビジネスでの不変な想い、存在価値を社会へ宣言する

⑤このビジネスの社会に対して健全である証明(社会的な存在意義)

これらの要素を必ず満たしてください。

 

 

【ポイント2:ターゲットはあっているか】

①想定するターゲットにとって既成の概念を壊したものか?

②誰でも言ってそうな提案ではなく想定するターゲットにとってあなただけの提案か?

③その提案はターゲット将来に貢献できるものか?

④ターゲットの未来に自分がワクワクするか?

 

【ポイント3:コンセプトはあなたのものか】

①商品、サービスの魅力をどれだけ自分の言語で表現することができるか

自分の言葉で語ることは、そこに込められている情熱も伝わるということです。

一つ一つの言葉を定義かしてみてください。

 

 

②ターゲットはわかりやすくイメージがしやすい工夫をしていますか?

具体例や言い換えなどのレパートリーをたくさん持っている人ほどプロです。

同じようなことを言っている人がどんな風に伝えているのかは、

本などで確認できます。

 

 

③商品やサービスをストーリーで語れますか?

なぜ、あなたがその商品やサービスを提供するのでしょうか?

素人さんは、商品やサービスのスペックや機能性などを聞いても

覚えていませんし、わからないものには興味を持つことがありません。

あなたなりのストーリーが必要です。

あなたの過去と現在と未来が繋がったストーリに

相手は引き之間れていきます。

 

これからワークで設定していく『コアコンセプト』が上記の点を

満たしているか、何度も見直して完成させてください。

 

忘れてはいけない時代背景

市場のニーズは、時代とともに変化していきます。

自分のやりたいことを追求する研究も大事ですが、

時代や社会が必要としているものを見ることで

ビジネスの広がりを見つけることができます。

 

ちなみに、当社が会議において使ったアイディアはこんな感じです。

 

 

ビジネスは人とのコミュニケーション

相手に合わせたコニュニケーションをとることで

信頼・信用・ニーズをつかむことができます。

 

自分の価値観を見つけること、内的要因を軸にすること。

そして、外にも目を向けること。

つまり、外的要因に向けて発信すること。

 

この両方が揃って、コンセプトができあがります。

 

 

コンセプトづくりの3つのワーク

 

【質問 1】

あなたが提供する商品やサービスでの見込み客のビフォーの状態はなんですか?

 

【質問2】

顧客はあなたの商品やサービスを利用することによってどう変わり、どんな心境になりますか?

 

【質問3】

どうして、その商品やサービスを提供したいのですか?

 

 

『はい‼』

難しいワークだったと思います。

考えて頂きありがとうございました。

 

素晴らしい『コアコンセプト』は出来上がりましたか?

ここまでの作業が順調に進んだ方は『コンセプト』をみると

自分のビジネスマインドに火が付きますよね。

今すぐにでも『自分のビジネス』の具体的な行動を始めたくなります。

 

その気持ちがとても大切です。

この『コアコンセプト』が明確になると

『よし‼』

『これはいける‼』

『やってやるぞ‼』

こんな気持ちになります。

 

ビジネスを継続していくうえで起業家のモチベーションはとても大切です。

今日の気持ちを忘れずビジネスを進めていきましょう。

 

まとめ

ビジネスは自分のやりたいことと

ニーズがあること。

そして、利用する人の未来に貢献できる商品やサービスであること。

 

この3つが揃っていないと、

うまくいきません。

 

 

自分のビジネスをもういちど見直してみてくださいね。

 

プレゼント

 

今日のワークはいかがでしたか?

 

下のコメント蘭にコメントをいただいた方全員へ

 

残りの5つのワークシートをプレゼントします。

 

コメントには、3つの事をご記入ください。

 

1. 今回のワークの答え
※添削しますので、遠慮なくどうぞ。

2. 現状の解決したい問題
※今回のワークに関係なく、現状のことについてどうぞ。

3. もし、その問題が解決したらどう飛躍できると思いますか?

 

コメント一つ一つにはからなず回答させていただきますので、

お気軽にコメントくださいね。

 

 



from WordPress http://ift.tt/2vUQKSU
via IFTTT